疾患別のお悩み

疾患別のお悩み

首の疾患

むち打ち

むち打ちとは、交通事故などの強い衝撃により、首がむち打ったように伸縮して発生する頸椎捻挫の総称です。
首や腰などの痛み・だるさ、手足のしびれ、頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状が現れることがあります。

慢性的な首の痛み

慢性的な首の痛みの原因として、デスクワークで長時間同じ姿勢をとり続けたり、パソコンのディスプレイを見続けたりすることによる、腕や首のまわりの筋肉疲労、眼精疲労、ストレスなどが挙げられます。
背中や肩など、首以外の部位が原因で痛みが現れたりすることもあります。

寝違え

寝違えとは、起床時に首の痛みを感じたり、首や肩のまわりに倦怠感を覚えたりするなどの症状のことを言います。
不自然な姿勢で眠ったり、不良姿勢による筋肉の緊張が強い状態で首をひねったりした時などに起こります。

肩・腕の疾患

肩こり

肩こりの主な原因は、筋肉の疲労です。デスクワークで長時間同じ姿勢をとり続けたりした結果、筋肉が疲労を起こして血行が悪くなり、疲労物質がたまって痛みが現れることがあります。
そのほか、肥満、ストレスなどが原因で起こることがあります。

肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)

肩関節周囲炎は「四十肩」「五十肩」とも言い、中年以降によくみられる肩の疾患です。はっきりとした原因はわかっていませんが、肩の関節のまわりの靭帯・筋・腱・関節包などで炎症などが生じることで起こると言われています。
肩関節や腕の痛み、関節の可動域の制限などの症状が現れることがあります。

肩腱板損傷

肩腱板損傷とは、上腕骨と肩甲骨のバランスをとっている腱板が断裂することで、強い痛みなどが現れる疾患です。
腱板が断裂すると、挙上困難(腕を挙げると痛みが生じたり、力が入らなくなったりする状態)になることもあります。

手のしびれ

首の関節が狭くなったり、関節のまわりの筋肉が硬直したりすることで、手にしびれが生じることがあります。
手の平、指先、腕の部分など、しびれる部分は様々ですが、原因が神経系の異常か血行不良かによって、現れる症状は異なります。

腰の疾患

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは、脊柱や骨盤の筋肉、筋膜、靭帯、軟骨などは損傷することで、急激に強い痛みなどが現れる疾患です。
主に、重い物を持ち上げたり、重労働を行ったり、不良姿勢をとり続けたりすることで発症します。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板や髄核などの組織が、本来あるべき場所から飛び出してまわりの神経を圧迫したりすることで、痛みやしびれなどの症状を引き起こす疾患です。
主に下肢の痛みやしびれ、機能障害などの症状が現れます。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは、腰の神経の通り道である脊柱管が狭くなって神経が圧迫される疾患です。
間欠跛行(長時間歩くと足の痛みなどで歩けなくなるが、少し休むとまた歩けるようになる状態)、腰痛、足の痛みやしびれ、冷感などの症状が現れることがあります。

膝・足の疾患

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、肥満やスポーツ時の怪我などにより膝関節に負担がかかり、靭帯、軟骨、膝のまわりの骨などが損傷して痛みなどの症状が現れる疾患です。膝痛のほか、膝が腫れたり、水が溜まったり、膝の曲げ伸ばしがしづらくなったりするなどの症状が現れることがあります。

外反母趾

外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がって変形した状態のことを言い、足底筋の収縮動作に支障をきたし、足が変形したり、痛みが生じたりすることがあります。足以外にも、肩こり、頭痛、足のむくみなどを引き起こすこともあります。主な原因はサイズの合っていない靴や、ヒールの高い靴を履いたりすることなどで、中年女性の約半数が外反母趾であると言われています。

足のしびれ

腰椎や骨盤の歪みが原因で、血液やリンパ液の流れが悪くなることで、足にしびれが生じることがあります。
そのほか、脳梗塞、脳出血、腫瘍など危険な原因が隠れている場合もありますので、症状をお感じになったらすぐに当院までご相談ください。

その他の疾患

花粉症

花粉症とは「季節性アレルギー性鼻炎」とも言い、スギやヒノキなどの花粉が鼻や目の粘膜に付着することで、鼻水、くしゃみ、涙などのアレルギー反応を引き起こします。
花粉症は鍼灸治療により改善することが可能ですので、辛い症状でお困りの方は当院までご相談ください。

眼精疲労

睡眠などの休息をとっても目の痛みや頭痛などの症状が残ったり、症状が改善してもすぐに疲れなどが現れてきたりするものを眼精疲労と言います。最近ではパソコンやスマートフォンの普及により、目を酷使して眼精疲労を引き起こす方が増えています。

スポーツ傷害

スポーツによる怪我は、大きく「スポーツ外傷」と「スポーツ障害」の2種類に分けられます。「スポーツ外傷」とはスポーツ時の衝突などで外部から瞬間的に強い力が加わることで発生する怪我のことを言います。
「スポーツ障害」とは、走る、跳ぶ、投げるなどの動作を繰り返し行うことで、骨、腱、筋肉などが疲労して発生する怪我のことを言います。
野球肘、テニス肘、ジャンパー膝などがこれに含まれます。これら「スポーツ外傷」と「スポーツ傷害」を総称して「スポーツ傷害」と言います。

成長痛

成長にともない、足関節などで痛みが生じることがあります。
成長時の一時的な痛みは珍しいものではありませんが、痛みが強かったり、長期間続いたりするようであれば、成長痛とは別の原因が隠れている可能性もありますので、一度当院までご相談ください。

患者様の症状に最適な施術を行います

患者様お一人おひとりでお体の状態や、現れる症状は異なります。当院では問診などによりそれらの症状を詳しくおうかがいして、協力医院での診断などにより症状を引き起こしている原因を究明することで、その方に最適な施術を提供させて頂きます。

施術メニュー

健康保険施術

最新の理学療法器のほか、マッサージ、徒手療法、ローラーベッド、遠赤外線療法、マイクロウェーブ、超音波療法などにより、肩こり、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、慢性的な首の痛み、寝違え、腰痛、膝痛、頭痛などの辛い症状を改善に導きます。

交通事故・労災・通勤災害・生活保護・母子家庭・障害者の方への施術

患者様のご負担0円で施術が受けられますので、お気軽にご連絡ください。ただし、「ひとり親医療」をご利用の方や、障がい者の方は、1回500円、1ヶ月1,000円が上限となります。

リハビリ

まずは辛い痛みの緩和を目的としたリハビリを行い、その後、症状が軽減されたら、筋力を元に戻すために抵抗運動などのリハビリを行います。
整形外科では「痛みを緩和するリハビリ」か「筋力をつけるリハビリ」のどちらか片方だけが行われることが多いのですが、当院ではそれら両方を行っています。薬や外科手術に頼らずに症状を改善に導けるようなリハビリを心がけています。

ローラーベッド

ローラーが内蔵されたベッドで背中、脊柱、腰などを中心とした全身をマッサージすることで、血行を促進します。慢性的な疲労の改善などに効果的です。

ウォーターベッド

ベッドの下からの水圧で優しく刺激することで、硬くなっている全身の筋肉などをほぐしていきます。お子様やご高齢の方、椎間板ヘルニアの方や骨粗しょう症の方でも安心して受けて頂けます。

遠赤外線療法

体の深部まで到達する遠赤外線を用いて、細胞を共振・活性化させて毛細血管の血流を促進します。
首、背中、腰、足などに温熱効果をもたらし、慢性的な肩こり、各部位の痛み、冷え性などの改善に効果を発揮します。

ヘルストロン

機器に10分程度お座り頂き、交流の電圧電界で体を包み込むことで、血行を促進したり、自律神経を整えたりします。
肩こり、頭痛、不眠症、慢性便秘などの改善に効果的です。

SOTソフトカイロ(ブロック矯正)

患者様の体重と呼吸を利用して、少ない負担で骨格を矯正する療法です。
ぎっくり腰、慢性的な腰痛、左右の足の脚長差の改善に効果を発揮するほか、美容・健康の促進効果も期待できます。強い刺激が苦手な方、産後に骨盤がずれている方などにもおすすめです。

鍼灸治療

協力医院の医師の同意書をお取り頂ければ、健康保険適用で受けられます。
鍼はすべてディスポーザブル(使い捨て)を使用して、安心・安全な施術を心がけています。

カイロプラクティック

協力医院の医師の診断や検査結果をもとに、症状の原因を究明して最適な施術を提供します。

メディセル

セルライト(脂肪や老廃物などの塊)ができた部分や、そのまわりをローラーマッサージすることで、血液やリンパ液の流れを促進して、セルライトを分解していきます。

南港通鍼灸整骨院交通事故専門サイト一般社団法人 交通事故医療情報協会
メール問い合わせはこちら